横須賀で食べる・遊ぶ・暮らす

おいしい・たのしい・おもしろい……。そんな横須賀の魅力の数々をお届けします

Yokosuka Cool Clan Cafe URAGA(ヨコスカ クール クラン カフェ ウラガ)・(浦賀)

暑さのせいか、疲れていたのか

よくわかりませんが、ボ〜ッとしていたら

バスを乗り間違えてしまい、

気がついたら浦賀駅前に来ていました。

 

もう夜だし、家に電話しても誰も出ないし、

迎えに来てもらえるあてはない。

 

一気に心細くなったその時、

煌々と明かりが灯ったカフェが目に飛び込んで来ました。

 

f:id:sukahana:20170814103340j:image

 

夜道に迷った私の救世主⁉︎

Yokosuka Cool Clan Cafe URAGA

(ヨコスカ クール クラン カフェ ウラガ)。

(サイトはこちら→

 

まるで外灯に惹かれて飛び込んでいく虫のように、

迷わず店内に入ることに。

 

入ってすぐのところに注文カウンターがあり、

マリンルックを思わせるような

爽やかな制服を着たスタッフが

温かく迎えてくれました。

 

f:id:sukahana:20170814103403j:image 

 

手持ちのお金は3桁しかありませんでしたが、

なんとかお腹を満たせる嬉しい価格設定。

 

私はエビピラフ(500円)を注文。

 

f:id:sukahana:20170814103428j:image

 

店内は、白と青を基調とした

マリンテイスト。

 

f:id:sukahana:20170814103444j:image

 

2階は完全分煙。

天井も高くファンが回転していて

気持ちの良い空間です。

 

f:id:sukahana:20170814103504j:image

 

メニュー構成は軽食やスイーツなどがメイン。

「まずは食べておきたい」といった

ニーズに応えてくれそう。

 

浦賀駅前には、スーパーやコンビニはあるものの、

こういう「ちょっとひと休みできるカフェ」が

なかったので、とっても嬉しいです。

 

バスの待ち時間や誰かとの待ち合わせにも

ぴったり。

 

京急本線 浦賀駅より徒歩2分です。

 

Yokosuka Cool Clan Cafe URAGA

(ヨコスカ クール クラン カフェ ウラガ) 

住所:神奈川県横須賀市浦賀1-8-3

電話:046-845-9106

営業時間:7:00~21:00

(朝食、ランチ、日曜営業)

定休日:無休

 

Natural Heartland Cafe(ナチュラルハートランドカフェ)・(久里浜)

久里浜にはちょこちょこ用があって出掛けますが、

いつの間にか素敵なカフェがオープンしていました。

 

今回はNatural Heartland Cafe

ナチュラハートランドカフェ)を紹介します。

(サイトはこちら→) 

 

f:id:sukahana:20170806214604j:image

 

今年5月、

京急久里浜駅前バスロータリーのすぐそばに

オープンしたばかりのこのカフェ。

 

ビルの1〜3階が店舗となっています。

 

真っ白い壁に淡い色のフローリング、

椅子やテーブルも優しい色合いで、

大きな窓から入ってくる光と相まって、

店内はとても明るくなっています。

 

f:id:sukahana:20170806214645j:image

 

そして印象的なのは、

いくつも飾られているシャンデリア。

 

f:id:sukahana:20170806214707j:image

 

もうインテリアだけで気分が上がってしまいます。

 

この日はケーキを食べたかったので、

「今日のケーキ」だった甘酒のシフォンケーキ(432円)と、

アイスウーロン茶(486円)を注文。

 

f:id:sukahana:20170806214843j:image

 

優しい甘さのふんわりしたケーキでした。

 

f:id:sukahana:20170806214847j:image

 

お店の名前通り、

コースターがハート型なのも可愛い♡

 

そしてこのカフェ、

とにかく大きく窓をとってあるため、

ロータリーに入ってくるバスや、

線路を走る京浜急行の車両が望めて、

乗り物オタクじゃない私も

見ていて飽きませんでした。

 

入ってすぐの所には、

店番にオーナーのお子さんがいたり、

ご近所さんが一杯引っ掛けていたりして、

とても和やかで家庭的な雰囲気。

 

時々店内でライブもやっているそうです。

 

また、三浦野菜を中心に、素材と調味料にこだわった

健康的なお料理を提供しているのだとか。

 

こちらのお店、

曜日によって営業時間が変則的なので、

出掛けられる際には、

ご確認の上お出掛けください。

 

Nathural Heartland Cafe(ナチュラルハートランドカフェ)

住所:神奈川県横須賀市久里浜3-5-2

電話:046 −874−6561

営業時間:[月~木] 11:30~18:00 [金・土] 11:30~23:00

定休日:日曜

 

大楠山

カブトムシやクワガタ捕り、

部活動のトレーニング、バーベキューなど、

登山以外にも様々な形で市民に愛されている

大楠山は、関東100名山の第100番目でもあります。

(詳しくはこちら→) 

 

三浦半島最高峰(242メートル)を誇り、

山頂からは三浦半島を見渡せるのはもちろん、

伊豆半島、富士山、箱根連山、大島、房総半島、

ランドマークタワー東京スカイツリー

360度の一大パノラマが楽しめ、

その景色はかながわの景勝50選や関東の富士見百景に選ばれ、

小説家の司馬遼太郎も『街道をゆく42』の中で、

 

最高峰の大楠山にのぼってみた。
ただし三浦半島でのことで、

大楠山の標高は二四一.三メートルしかない。
でありつつ、その山頂からの眺望は、

日本国のどの名山よりもすぐれている、という。

 

と、その眺めの素晴らしさに触れています。

 

また、山頂付近には、コスモス畑があり、

春には菜の花が咲きます。

 

登頂するのには4つのハイキングコースがあり、

それぞれの体力などに応じて登ることができます。

(詳しくはこちら→

 

一部のハイキングコースは車両の進入ができる箇所が

ありますが、車両通行用に整備した道路ではないため、

幅員が狭く舗装されていない部分もあり、

車両が破損するなど大変危険だそうです。

 

また、ハイカーの方も多く、危険が伴うため、

ハイキングコースへの車両進入は控えていただきたい

とのこと。

 

三浦半島の気候上、

冬も深く積雪することもないため。

四季を通して登ることのできる山です。

 

山好きの方もそうでない方も、

ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペリー公園(久里浜)

幕末、鎖国していた日本にとって衝撃的だった黒船来航。

 

その結果、開国に向けて大きく舵を切ることとなり、

近代日本の幕開けとなったことは、

社会や歴史の授業で習っていますよね。

 

今回は、それを記念して作られたペリー公園について

紹介します。

(サイトはこちら→

 

f:id:sukahana:20170724220508j:plain

写真は横須賀市観光情報サイトから拝借しました

 

ペリー公園は、1853年(嘉永5年)、

黒船を率いて浦賀に来航したペリー上陸の地、

久里浜に記念して作られました。

 

園内中央の記念碑は、1901年(明治34年)に米友協会が建立し、

碑文は伊藤博文によるものです。

 

毎年7月中旬には「久里浜ペリー祭」の式典が行われ、

花火大会も開催され、多くの人で賑わいます。

 

園内には、1987年に横須賀市の市制80周年を記念して作られた

ペリー記念館があり、ペリー来航に関する資料が展示されています。

 

ペリー公園の目の前の道路を挟んだ向こう側は

砂浜が広がっています。

 

泳ぐことはできませんが、のんびり海を眺めるのには

ちょうど良い場所になっています。

 

 

JR横須賀線久里浜駅、または京急久里浜線

京急久里浜駅から徒歩20分。

それぞれの駅前からはバスも出ています。

10分ほど乗車後、「ペリー記念碑」にて下車します。

また、東京湾フェリー久里浜港からは徒歩10分ほど

かかります。

 

夏の夕涼みにふらりと訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ペリー記念館の営業案内

開館時間:9時から16時30分まで

休館日:毎月曜日(祝日に当たる場合は翌日)

    祝日の翌日・年末年始

入館料:無料

駐車場:なし

坂本龍馬の妻おりょうのお墓〜信楽(しんぎょう)寺(大津)

明治維新の立役者といえば坂本龍馬

 

龍馬といえば土佐国ですが、

相模国だった横須賀にも龍馬の名残があります。

 

今回紹介するのは、

龍馬の妻だったお龍(りょう・以下おりょう)のお墓がある

大津の信楽(しんぎょう)寺です。

(参考サイトはこちら→) 

 

おりょうについて

おりょう嘉永三年(1850年)6月、

京都府下の町医者の長女として生まれ、

伏見の寺田屋の養女だった慶応二年(1866年)2月、

龍馬と知り合い、 西郷隆盛の媒酌で結婚します。

 

しかし、二人の結婚生活は短いものでした。

 

というのも、翌三年11月、

龍馬は京都の「近江屋」で暗殺されてしまったからです。

 

その後、お龍の流浪の生活が始まります。

 

下関から長崎を経て龍馬の実家、土佐、

京都、大阪、東京、神奈川と移り住むことに。

 

そして、神奈川宿で女中をしていた時に

西村松兵衛と知り合い再婚し、

明治八年(1875年)7月、西村ツル(鶴)として入籍。

 

再婚した当初は、豊島村(現在の上町)にいましたが、

松兵衛が倒産したことで、三十年ごろから深田

(現在の米が浜通り)で長屋住まいをすることに。

 

晩年は、貧窮な生活だったそうです。  

 

お龍のお墓や現在の様子

お墓は門前の石段の下、

右側のイチョウの木の脇に建っています。

 

正面には「贈正四位坂本龍馬之妻竜子之墓」、

裏面には「永代寄附 明治三九年一月十五日歿

享年六拾有六謚昭龍院閑月珠光大姉

大正三年八月十六日 実妹中沢光枝建立」と刻まれています。

 

さらに、台石の左側に、

「賛助人西村松平(松兵衛) 鈴木魚龍(清治郎) 新原了雄」とあり、

坂本家のききょう紋も刻まれています。

 

お龍の墓は現在は無縁墓となってしまいましたが、

毎年秋には墓前祭としておりょうさん祭りが行われ、

毎年1月15日には「お龍忌」が、

寺や土地の人たちによって営まれているそうです。

 

f:id:sukahana:20170703143931j:plain

 

写真は横須賀観光情報サイト ここはヨコスカより

拝借しました。

 

信楽寺へのアクセス

京急大津駅下車後、

大津小学校方面に向かって歩くこと5分。

信楽寺の看板を左折。

 

信楽寺

横須賀市大津町3−29−1

●電話:046-836-3731

●宗派:浄土宗

●駐車場:なし

 

 

地魚料理 なぶら&横須賀ジェラート ファクトリー(新港町・よこすかポートマーケット内)

横須賀・三浦の海の幸と山の幸が楽しめる

よこすかポートマーケット。

 

開業以来、横須賀の新たな観光スポットとして

注目を浴びています。

 

f:id:sukahana:20170702190106j:image

 

私がふらりと訪れた日も、

観光バスが数台停まっていました。

 

f:id:sukahana:20170702185722j:image

 

この日の私の一番の目的は、

ポートマーケットの一角に店を構える

地魚料理 なぶら

 (HPはこちら→

 

f:id:sukahana:20170702190128j:image

 

横須賀の西海岸、佐島の漁師さん直営で、

生シラスや日戻りカツオをはじめとする、

その日水揚げされた鮮度抜群の

魚介類を味わうことができるのです!

 

お魚が美味しいのはもちろんですが、

ごはん、あら汁、お茶も丁寧に仕上げてあるため、

食後の満足感もさらにアップ。

 

私が訪れた時は、ちょうど昼どきだったのと、

観光バスでやってきた団体客がいたので、

店内は大にぎわいでした。

 

私は刺身盛りご飯(600円)と味噌汁(250円)を注文。

 f:id:sukahana:20170702190849j:image

 

夫は刺身盛り定食(1500円)を頼みました。

 

f:id:sukahana:20170702185804j:image

 

定食のご飯はお代わり自由。

酢飯にしてもらうこともできるんですよ。

 

ほかにも、

焼き魚、煮魚、かき揚げなどの定食や、

ワカメを練りこんだ緑色のワカメうどんなど、

いろいろなメニューがあり、

どれを頼んでも間違いありません!

 

鮮魚を堪能した後は、

ポートマーケットに入ってすぐ右にある

横須賀ジェラート ファクトリーへ。 

(サイトはこちら→

 

f:id:sukahana:20170702185823j:image

 

横須賀市内にある関口牧場の牛乳で作られたジェラートは、

仕入れからスタッフが行い館内の工房で手作りしているとか。

 

横須賀で収穫された野菜やフルーツを使った

プレミアムジェラートは、

即日売り切れが続出するほどの人気なのだそうです。

 

ふわふわ牛乳ソフトクリームも、

濃厚なミルク感が口の中に広がって、

たまらない美味しさです。

 

この日はチェリーチーズケーキとレモンにしてみました。

 

f:id:sukahana:20170702185844j:image

 

チェリーチーズはコクとまろやかさがいい感じで、

レモンは甘みと酸味のバランスが取れていて、

なかなかでした。

 

というわけで、

地元民ならではのよこすかポートマーケット情報、

お役に立てれば幸いです。

 

よこすかポートマーケット

〒 238-0005 神奈川県横須賀市新港町6

●電話:046-823-1967

●営業時間:10:00~19:00 (11月~2月は18:00まで)

     11:00~21:00 (レストラン)

●定休日:毎週火曜日(祝日営業)

●駐車場:普通車180台(お買い上げ金額に応じて割引あり)

 

地魚料理 なぶら

電話:046-884-8691 

横須賀ジェラート ファクトリー

電話:046-829-2001

 

 

三浦半島最古の神社〜安房口神社(吉井)

湘南山手と呼ばれる新興住宅地の中にブロッコリー

ようにこんもり茂ったマテバシイ

 

そこに三浦半島最古の神社と言われる

安房口神社があります。

(HPはこちら→

f:id:sukahana:20170629213658j:plain

写真はHPから拝借しました。

 

安房口神社は吉井・明神山の山頂に鎮座する

霊石をご神体として拝する特殊な形態を持つ神社で、

創立は詳らかではありませんが、社殿を設けない、

「磐座(いわくら)信仰」という古代の信仰形態が

そのまま残っている大変珍しい神社です。

 

実際に行っていただくとわかるのですが、

神社一帯は鎮守の杜そのもの。

 

思わず自然に対して畏敬の念を払いたくなるような

厳かさを湛えています。

 

安房口神社の由来

ご神体とする霊石は、安房国(千葉県)安房大社の

ご祭神である天太玉命(あめのふとたまのみこと)の

神体として、

東国鎮護のために安房国から吉井・明神山の山頂に

飛んできたと伝えられています。

 

その巨石の面が安房国を向いているということから、

古くから安房口明神と呼ばれてきました。

 

古代の信仰形態について

神道の原点とも言える自然崇拝だった古代神道では、

大きな石や岩を磐境(いわさか)や磐座(いわくら)と

呼び、祀っていました。

 

ほかにも、山や樹木に神が宿ると考えられ、

御神体とすることもありました。

 

あの歴史上の人物も参拝していた!?

安房口神社は古くから子宝・安産の神として

人々から信仰されており、

北条政子が懐妊した際には、

使者が安産祈願に参拝した記録もあるそうです。

 

また、日本武尊ヤマトタケルノミコト)が東征の際、 

勝利を祈願したともいわれています。

 

安房口神社への行き方

京浜急行久里浜駅またはJR久里浜駅から

 湘南山手行きバスで約12分。

安房口神社前で下車します。

 

安房口神社

横須賀市吉井3ー95

●御祭神:天太玉命(あめのふとたまのみこと)